当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

カタログギフトのお中元を贈る


今年もお中元の季節がやって参りました。
毎年この季節になると、何を贈ればよいのかと頭を悩ませてしまいます。

スポンサーリンク

そこで、先様(お中元を贈る相手の方)の身になって、何を贈って欲しいのかと考えるわけですが、これがまた一苦労なのであります。
と言うのも、私や私の家族は、先様自身ではないからです。

ちなみに、お中元やお歳暮はカタログギフトでも良いと思う理由(カタログギフトが良いと思う理由)は、以下の通りでです。



2012年・高島屋お中元ページを見る

お中元やお歳暮はカタログギフトでも良いと思う理由

+ お酒が飲めないのにお酒が贈られる
+ 一人では食べきれない大量の食品が贈られる(一人暮らしの先様)
+ 好きではない食品が贈られる
+ ダイエット中なのに、高カロリー食品が贈られる
+ アレルギーなのにアレルゲンを含む食品が贈られる
+ 成人病などのにより、食べれない食品が贈られる


上でも書きましたように、「量」「嗜好」「健康状態(体の状態)」は人によって千差万別なのが分かります。
しかし、よほど親しくない限り、先様の嗜好や体の状態まで知ることは不可能ですので、場合によっては、カタログギフトの方が良い場合も起こり得るのだと思います。


【転ばぬ先の】 カタログギフトとは 【基礎知識】

現在、高島屋や大丸などの一流百貨店がお中元やお歳暮商品と共に、お中元用カタログギフトやお歳暮用カタログギフトも発売しています。
では、そのカタログギフトとは一体何なのでしょう。


* + .。* + .。 カタログギフトとは * + .。* + .。
カタログギフトとは、自分の注文した通販サイト(大手百貨店などの)カタログの中から、先様にお好きなものを選んでもらうと言うシステムです。
食品から雑貨、ブランド商品まで、様々なものの中から、お好きなものを選べます。

* + .。* + .。 カタログギフトを選ぶ際には気をつけよう * + .。* + .。
現在、カタログの値段や分野などに応じて、様々なカタログが販売されておりますので、カタログギフトを選ぶ際には、充分に気をつけましょう。
また、お中元の時はお中元用のカタログギフト、お中元の時はお中元のカタログギフトを贈ることが無難です。(通販サイトでお中元やお中元用のカタログギフトかどうかを確認しましょう)


関連商品

2012年 高島屋のカタログギフトのお中元(ユアチョイスギフト)ページを見る


【比べてみると】 カタログギフトと商品券比較 【違いが分かる】


カタログギフトも商品券も貰って嬉しいお中元商品ではありますが、カタログギフトと商品券を比較してみると、色々と違いが見えてきます。そこで、両者を様々な面から比較してみることにしました。


2012年・高島屋お中元ページを見る


カタログギフトと商品券の値段

商品券
贈り主がいくら支払ったのかがバレてしまう

カタログギフト
贈り主がいくら支払ったのか分かりにくい

カタログギフトと商品券の商品の受け取りの違い

商品券
自分でデパートに行って商品券を使って商品を購入する

カタログギフト
カタログから商品を指定し、自宅で受け取る
※ 商品券の場合は、近くにデパートがない場合は、商品券を使いづらい。


システム

商品券
デパートに行って、値段ぶんの商品を商品券を使って買うだけなので、誰でも利用しやすく分かりやすい。デパートに買い物に行くことがめんどくさい方には不向き。

カタログギフト
カタログギフトのことを理解しにくい方(高齢者の方など)は使いづらい。(カタログギフトについての説明をする同居家族の居る場合は除く)
注文することがめんどくさい方には不向き。


関連商品

2012年 高島屋のカタログギフトのお中元(ユアチョイスギフト)ページを見る


【こういう場合は気をつけよう】 カタログギフトの注意点

カタログギフトは注意点の少ない贈り物ではありますが、まったく注意点がないわけではないので、いくつか注意する点について書き出してみたいと思います。


1、よく知らない方に贈る場合
カタログギフトを贈って喜ばれるかどうか分からない場合は、贈らない方が無難です。

2、カタログギフトを使用し辛い方に贈る場合
カタログギフトが何なのか分からない。
カタログギフトに掲載されている商品の注文の仕方がわからない。お体が不自由なため、カタログギフトに掲載されている商品を注文できない。

3、お中元やお中元に贈られてくる商品を楽しみにしている場合
自分宛の商品の贈り物を非常に喜ばれる方には不向き。
贈り主の地元の特産品を贈られることを楽しみにしている方には不向き。

4、面倒くさがりな方に贈る場合
先様が商品の指定を面倒だと思われる場合は、贈らない方が無難。


関連商品

2012年 高島屋のカタログギフトのお中元(ユアチョイスギフト)ページを見る


失敗しないカタログギフトのお中元を贈るための4か条


最後に、カタログギフトのお中元やお中元で失敗しないための4か条を書きたいと思います。
どうぞ、皆様のお中元やお中元の贈り物が、先様に喜ばれますように。


2012年・高島屋お中元ページを見る


1、以前に「カタログギフトを贈られて良かった」と言っていた方に贈る
これは一番無難です。
ただ、普通、このような発言はあまり聞かれることではありませんので、何かの機会にそれとなく聞いてみるのも一つの方法かもしれません。
また、お中元やお中元にカタログギフトが欲しい思われている方は、贈り主にそれとなくアピールしてみるのもよいかもしれません。


2、カタログギフトを「興味がある・使ってみたい」と言っていた方に贈る
この場合は、一度、カタログギフトを贈ってみてもよいかもしれません。
念のために、「今度のお中元やお中元でカタログギフトをお贈りしましょうか?」と聞いてみると尚よいかもしれません。


関連商品

2012年 高島屋のカタログギフトのお中元(ユアチョイスギフト)ページを見る


3、お中元やお中元で贈られた商品に困っていた方に贈る
お中元やお中元で贈られた商品にお困りの場合は、カタログギフトを贈られた方が普通のお中元やお中元商品を贈られるよりも嬉しい可能性が高いです。
でも、カタログギフトもお嫌いな方もおられるでしょうから、それとなく、カタログギフトについてどう思うかを確認してみましょう。


4、カタログギフトについて教えてあげる
カタログギフトのことは難しくてよく分からないと言う先様で、さらに普段から親しく、よくお会いしている方には、カタログギフトの使い方や商品の指定の仕方などを直接会ってお教えしてあげたり、電話でお教えしてあげるのもよいかもしれません。


スポンサーリンク