当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【プラチナで】 プラチナヘアカラー使用体験談 【効果UP】


プラチナヘアカラー とは、プラチナ配合ヘアカラートリートメント です。
髪にはキューティクルがありますので、そのままでは髪に染料が浸透しにくいです。

スポンサーリンク

でも、マイナスイオンを帯びた染料が髪に付着していれば、髪内部のプラスイオンと結びつこうとすることで染料が髪の内部に浸透し、髪が染まりやすくなります。



ところで、 ヘナ の場合はマイナスイオンを帯びている染料はヘナそのものなわけですが、プラチナヘアカラーの場合は、マイナスイオンを帯びているのはプラチナで、染料はクチナシです。



クチナシは元々染料ではありますが、プラチナが配合されることで髪の内部への浸透力がUPしやすくなります。
(髪のプラスイオンとプラチナ配合のマイナスイオンの染料が結びつきやすくなるため)


関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け



ところで、このプラチナヘアカラーには髪のトリートメント効果もありますので、プラチナカラーで染めた後は、髪がツルツルツヤツヤコシも出やすくなります。
(効果には個人差があります)



プラチナヘアカラーを落とす際にシャンプーをするため、洗髪後にリンス(トリートメント)しないとパサパサになってしまうと思っていましたので、普通の髪(リンス付き) → プラチナヘアカラー → 洗髪(リンスなし)で髪がツルツルのツヤツヤでコシが出たのには驚きました。



あと、他のヘアカラー商品やヘナについても言えるのですが、一般的にはリンスをしていない髪の方が染まりがよく、リンスつきの髪は染まりが悪いのでちょっとめんどくさかったのですが、このプラチナヘアカラーは染髪前の事前のシャンプーが不要でしたので、手軽に使えてよかったです。
(後で、リンスなしで染めてみたのですが、そちらの方がさらに良く染まったように思います)

ちなみに、リンスは使っていても良いようですが、ヘアワックスなどの整髪料は本当に染まりにくくなってしまいますのでNGらしいです。


関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け


色がわかりにくい?プラチナヘアカラーの罠

プラチナヘアカラーのチューブは全く同じですので、チューブに貼ってある色名の書かれたシールを剥がしてしまいますと、何の色だか判別しにくくなってしまいますので、チューブの外側のシールはしっかり貼りつけておき、剥がしたりしない方が無難かと思います。



一応、蓋を開けて中身を確かめたら分かりますが、明度の低い黒っぽい色は蓋を開けて色を確認しても、何の色だかちょっとわかりにくいです。



関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け


プラチナヘアカラーブラシについて

プラチナヘアカラーには、専用のブラシが付いています。
何でも、このブラシを使うとプラチナヘアカラーの染まりが良くなるようです。



という訳で早速使ってみたのですが、トリートメントヘアカラーなだけあって、ブラシの通りもそこそこ良く、髪全体にヘアカラーを行き渡らせやすく、何となく染まりも良いように思いました。



そんなわけで、ヘナで染める時にもちょっと使ってみたのですが、ヘナは髪につけると髪がギシギシに硬くなってしまうので、このブラシはヘナには使えませんでした。(^^;



関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け


髪を暖める方法

ところで、今回からは貼るタイプのカイロではなく、 電気ひざ掛け を使って髪を温めてみました。
(初回は蒸しタオルで温めました)
電気ひざ掛けの小ぶりのやつ(120cm×60cm)ですと、ミディアムくらいの髪なら普通に使える感じでした。



でも、ロングヘアだとちょっと厳しいかもです。
(大きいサイズの電気ひざ掛けであれば、ロングでもOKかもしれないですが)



あと、強さは中以下でないと、頭が熱くなりすぎてしまうように思いました。
(最初は、中〜強の強さで使ってみたのですが、頭が痛くなってしまったので、途中から中〜弱に落としました)


プラチナヘアカラーの使用前使用後の写真

という訳で、以下がプラチナヘアカラーを使う前と使った後の母の頭髪の写真です。
左が使う前、右が使った後(1回目)。


 


左が使った後(2回目)、右が使った後(3回目)になります。


 


関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け


1回目はうっすらと黄土色になっただけです。
2回目はがっちりと染まりました。
ただし、赤っぽさが気になる感じに染まってしまいました。
3回目は主に黒だけで染めましたので、自然な黒い色に染まりました。



尚、1回目の使用法はほぼ説明書通りにしました。


1.市販の普通のシャンプー&リンスで前日に洗髪
2.プラチナヘアカラーを塗る
3.蒸しタオル+ヘアキャップで20分間放置
4.普通に洗髪


2回目以降は、以下のようにしました。


1.市販の普通のシャンプー&リンスで前日に洗髪
2.プラチナヘアカラーを塗る
3.電気ひざ掛け+ヘアキャップで一時間放置
4.普通に洗髪


関連商品

プラチナヘアカラー

ヘアカラートリートメント

電気ひざ掛け


放置時間の延長 + 電気ひざ掛けによる温め で、前回よりもかなりしっかりと染まったような気がします。
また、黒を多めにして染めましたので、きつい赤っぽさが髪から無くなり、より自然な感じになりました。


プラチナヘアカラーの色持ち

プラチナヘアカラーは色持ちが結構良いです。染めた後、翌日か翌々日くらいまでは色が落ちますが、その後は色落ちなどもあまりなく、そこそこ色を保っています。
(トリートメントヘアカラーでこの色持ちは結構すごいです)


スポンサーリンク