当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【ウイッグ】 人毛と人工毛について 【かつら】


ウイッグ(かつら)には、人毛のウイッグ人工毛のウイッグ(かつら)の二つがあります。

スポンサーリンク

人毛のウイッグ(かつら)

  • 人間の髪が使用されている
  • ヘアカラーが使える
  • ドライヤーが使える
  • お湯で洗える
  • 使用したり洗う度にキューティクルが痛んでパサパサになる
  • 毛髪の品質にバラつきがある
  • キューティクル保護のため、洗うときにリンスが必要
  • 枝毛・切れ毛が起こる
  • 脱色してくる

人工毛のウイッグ(かつら)

  • 化学繊維が使用されている
  • (石油製品の)人形の臭いがする
  • ヘアカラーは使えない
  • ドライヤーは使えない
    (使えるものもあるが、セットが壊れてしまったり変なクセが付く可能性がある)
  • お湯で洗えない
  • 毛髪の品質にバラつきはない
  • おしゃれ着用の洗剤が使える
  • 独特の光沢があり、ウイッグだとわかりやすい
  • ロングヘアの場合は、特に髪の毛が絡み易い

この中でも、特に両者の間でネックになるものが 『髪の光沢』 です。
人工毛のウイッグ(かつら)が今ひとつなのは、この髪の光沢にあります。
人工毛のウイッグ(かつら)は化学繊維で出来ていますので、特に光に当てるとピカピカに光っていかにもカツラと言う感じに見えてしまいます。


関連商品

ウイッグ(かつら)

人毛のウイッグ(かつら)

耐熱ウイッグ(かつら)


蛍光灯


自然光


人毛の場合は、これが起こりにくいです。
しかし、人毛は色々な毛質の人々の毛を集めて作られていますので、毛質が安定しにくくウイッグ(かつら)の当たり外れの原因にもなっているようです。

この点、人工毛のウイッグ(かつら)は毛質が一定ですので、毛質による当たり外れは大きく出にくくなっています。

それともうひとつ、大きなネックになっているのが、『値段』 です。
人毛は、毎日少しずつしか伸びない人の毛髪を使用するわけですから、どうしても高価になりがちです。でも、人工毛の場合は工場で毛をジャンジャン作れますから、値段も安めになります。

と言うわけで、通常、人毛と人工毛のウイッグ(かつら)を購入する場合は、この二つを天秤にかけて、より良さ気なものを選ぶことになります。

この他、人工毛は石油製品から作った人形の髪の毛のような臭いがするのが気になられる方もおられますが(私もちょっと気になりますが)、これはウイッグ(かつら)選びのメインテーマにはなってない感じです。(かなり近くに寄らないと、この臭いは感じられないですので)


かつら・ウィッグ

(私元気) 医療用ウィッグ 医療用かつら 本格的な医療用 フルウイッグ ウィッグ ショートボブ ボブ (ネット付) IC2040-2(2号 自然黒)
  • 最高級品質ウィッグ
  • 人毛に近い最新の高品質耐熱繊維
  • 軽くて絡みにくく自然な風合い
  • つむじ部分には人工の皮膚使用
  • 通気性よく一年中快適
  • ドライヤーやコテを使用可能
  • アジャスターによるサイズ調整可能

さらツヤ ベリーショート 高品質耐熱 フルウィッグ ショート ボブ 4点セット ウィッグ ネット スタンド ブラシ ブラック/ブラウン E455 (ナチュラルブラック)
  • さらさら、ツヤツヤのショートボブウィッグ
  • セット内容:ウィッグ・ウィッグネット・スタンド・ブラシ

部分ウィッグコレクション FSV-100 ナチュラルヘアピース(高級スキン付) 2自然色
  • 自然になじむ
  • 地肌にウレタンを使用
  • より自然で高級感
  • 二重ネットを使用

医療用ウィッグ(ダークブラウン) 薄毛・髪やせなどをお洒落にカバー 高水準の人工毛技術が生んだ新素材のおしゃれピース (ドライヤー・ホットアイロン使用可能。ヘアスプレー・整髪料を使っても洗えます。シャンプー・リンスも使用可能)
  • 高水準の人工毛技術
  • ドライヤー・ホットアイロン使用可能
  • ボリュームがほしい所に簡単装着
  • パーティーや急なお出掛けに最適
  • ピンがついているのでしっかり固定
  • ヘアスプレー・整髪料を使っても洗える
  • 髪の流れを自由自在に変えられる


スポンサーリンク