当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【使い捨て】 ウイッグネットをタイツで代用してみた


どこでも手に入り易い市販の厚手のタイツで、ウイッグネットの代用が出来るのかどうかを試してみました。
(今回使用した厚手のタイツは1個100円でした)

スポンサーリンク

タイツを使用した箇所 - 腰から太ももの付け根まで -

頭にかぶると少し大きく感じました。
ウイッグ(かつら)をつけようとすると抜けることもしばしばでしたので、使用するのであればサイズの小さいものを買うか、購入後に縫って小さくしたほうが無難なのではないかと思いました。

あと、ウイッグネットネットの目が粗いので髪をまとめた後にウイッグネットをヘアピンで留めて固定できますが、タイツはヘアピンが通らないので(通せば伝線しやすくなるので)、安全ピンなどで留めたほうが良いと思いました。



タイツを使用した箇所 - 太もも部分 -

この部分が、最も頭にフィットしました。
ですが、伝線がひどいです。

ですので、使うのであれば半ば使い捨て状態になるのかなと。
あと、先程と同様、ヘアピンが通らないので(通せば伝線しやすくなるので)、タイツを装着後に後頭部でまとめるには安全ピンが必要かなと思いました。



タイツを使用した箇所 - 太ももから下の部分 -

この部分は、非常に窮屈で使えませんでした。(私の場合)
でも、お子さんや頭の小さな型でしたら、もしかしたらいけるかもです。(^^;


このようなことから、タイツの使用は伝線するのでコストパフォーマンス的にはイマイチ
面倒臭さからすると、安全ピンを使用するのでイマイチと言う結果になりました。
なので、もしタイツをウイッグネットの代用品として使用するのであれば、それなりの理由があったほうが無難かもです。


関連商品

ウイッグネット

ウイッグ専用シャンプー


タイツをウイッグネットとして使用するそれなりの理由


1. どうしてもウイッグネットが合わない
網目が合わない、硬さが合わない、こめかみ部分が痛いなどなど。

2. ウイッグネットだと、短い自毛がピンピン飛び出す
自毛が短く、しかも硬いと、ウイッグネットやウイッグ(かつら)から自毛がはみ出しやすいですので、そういった場合は厚手のタイツのほうが使用し易いかもです。


かつら・ウィッグ

(私元気) 医療用ウィッグ 医療用かつら 本格的な医療用 フルウイッグ ウィッグ ショートボブ ボブ (ネット付) IC2040-2(2号 自然黒)
  • 最高級品質ウィッグ
  • 人毛に近い最新の高品質耐熱繊維
  • 軽くて絡みにくく自然な風合い
  • つむじ部分には人工の皮膚使用
  • 通気性よく一年中快適
  • ドライヤーやコテを使用可能
  • アジャスターによるサイズ調整可能

さらツヤ ベリーショート 高品質耐熱 フルウィッグ ショート ボブ 4点セット ウィッグ ネット スタンド ブラシ ブラック/ブラウン E455 (ナチュラルブラック)
  • さらさら、ツヤツヤのショートボブウィッグ
  • セット内容:ウィッグ・ウィッグネット・スタンド・ブラシ

部分ウィッグコレクション FSV-100 ナチュラルヘアピース(高級スキン付) 2自然色
  • 自然になじむ
  • 地肌にウレタンを使用
  • より自然で高級感
  • 二重ネットを使用

医療用ウィッグ(ダークブラウン) 薄毛・髪やせなどをお洒落にカバー 高水準の人工毛技術が生んだ新素材のおしゃれピース (ドライヤー・ホットアイロン使用可能。ヘアスプレー・整髪料を使っても洗えます。シャンプー・リンスも使用可能)
  • 高水準の人工毛技術
  • ドライヤー・ホットアイロン使用可能
  • ボリュームがほしい所に簡単装着
  • パーティーや急なお出掛けに最適
  • ピンがついているのでしっかり固定
  • ヘアスプレー・整髪料を使っても洗える
  • 髪の流れを自由自在に変えられる


スポンサーリンク