当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【胃酸に負けない】 腸に届く乳酸菌


乳酸菌は、ずいぶんと以前から体に良いことが発見されていました。
一番最初に乳酸菌に注目した学者さんは、当時日本で大流行していた赤痢菌を退治する為に、乳酸菌に注目していたそうです。

スポンサーリンク

最近でも、乳酸菌や腸内の善玉菌として有名なビフィズス菌は健康に良いために、様々な会社がより良い乳酸菌ビフィズス菌を開発する為に日夜努力されています。


ところでこの乳酸菌やビフィズス菌、実は胃酸で死滅してしまうことが分かっています。ですので、乳酸菌やビフィズス菌は胃を通過しても死なずに腸まで届くのものを摂らなければ意味が無かったりします。

そこで、プロバイオティクスの乳酸菌などが注目されているわけですが、人間、そうそう毎日ヨーグルトばかり食べるわけにはいきません。また、ダイエット中などでカロリーが気になる方や、ヨーグルトに入っている脂質や糖質などを摂りたくないものです。

そこで注目なのが、↑の写真のビフィーナR〈レギュラー〉です。
森下仁丹が作っているビフィズス菌や乳酸菌なのですが、胃液でも死なないように特殊なカプセルでコーティングされてるそうです。



この特殊なカプセルは、胃酸では溶けずに胃を通過して腸で溶けるという特殊なもの。
(すごい技術じゃのぅ〜)
ですので、乳酸菌は胃の中で死なずに、腸まで届くというわけです。

さらに、このビフィーナがすごい点はオリゴ糖が入っているという点です。このオリゴ糖が入っていると、ビフィズス菌が腸内で食べるものがなくて元気を失ってしまうのです。

ビフィズス菌が元気を失ってしまうというのもおかしく聞こえますが、ビフィズス菌だって生き物です。たとえ腸にたどり着いたとしても、自分が栄養としているものが無いと元気よく活動できないのので、ビフィズス菌も必要なんですが、ビフィズス菌にプラスしてオリゴ糖を摂取しなければならないというわけです。

ちなみに、ビフィーナにはTPOに合わせて色々な種類が選べますので、ぜひ皆様もTPOに合わせてビフィーナを選んで見て下さいネ!


スポンサーリンク