当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

筋トレで王道ダイエット

ダンベル運動やチューブトレーニングなどで、筋肉を増やして「王道ダイエット」をしたけれど、あまり筋肉が増えなくてお困りの方は、 一度「BCAA」を摂って運動してみてはいかがでしょう?
こちらのページでは、筋肉を効率よくつけるために必要な、「BCAA」という栄養素について書きたいと思います。

BCAAとは、分岐鎖アミノ酸(Branched Amino Acid)の略で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つことです。普通のアミノ酸は肝臓でエネルギーになるのですが、分岐鎖アミノ酸は筋肉でエネルギーになります。

強い負荷がかかる無酸素運動をすると、筋肉はエネルギー源として筋肉自体を分解して、分岐鎖アミノ酸を作り出して利用しますので、運動の前にBCAA分岐鎖アミノ酸)を摂取しておけば、筋肉自体の分解を抑えることが出来るのです。

また、「ロイシン」は筋肉を作る際に必要不可欠な栄養素ですし、筋肉を分解するのを抑える働きのあるアミノ酸ですので、BCAAの中でも特に重要な成分です。

スポンサーリンク

「BCAA」とは

BCAAとは、分岐鎖アミノ酸(Branched Amino Acid)の略で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つことです。普通のアミノ酸は肝臓でエネルギーになるのですが、分岐鎖アミノ酸は筋肉でエネルギーになります。

強い負荷がかかる無酸素運動をすると、筋肉はエネルギー源として筋肉自体を分解して、分岐鎖アミノ酸を作り出して利用します。ですので、運動の前にBCAA分岐鎖アミノ酸)を摂取しておけば、筋肉自体の分解を抑えることが出来るのです。

また、「ロイシン」は筋肉を作る際に必要不可欠な栄養素ですし、筋肉を分解するのを抑える働きのあるアミノ酸ですので、BCAAの中でも特に重要な成分です。


関連商品

BCAA


「BCAA」をサプリメントやゼリーで摂る理由

「BCAA」そのものは、大変苦い成分です。しかも肉から「BCAA」を摂ろうとすると、大量の肉を食べなければなりませんし、カロリーも気になります。

ですので、筋肉をつけやすくすることに特化して、「BCAA」を摂ろうとするならば、サプリメントやゼリーなどで効率的に「BCAA」を摂る事が大切なのです。
(また、ストレスや運動などで特定のアミノ酸が少なくなる場合、そのアミノ酸をサプリミントで補ってあげれば、効率的に特定のアミノ酸を補うことが可能です)

さらに、たんぱく質を分解することでアミノ酸ができるわけですが、肉などのたんぱく質を摂って体内でアミノ酸に合成させるよりも、アミノ酸そのものを摂取した方が効率よくアミノ酸を吸収できますので、プロスポーツ選手の方々も、一昔前は、プロテインを取って筋肉をつける方が多かったようですが、最近はアミノ酸を摂取される方もたくさんおられます。


関連商品

BCAA


BCAAの摂り方

「BCAA」は、摂取するタイミングによってより効率的に筋肉量を増やすことも出来ますので、摂取するタイミングには気をつけたいものです。

錠剤であれば、運動の1時間〜30分前に摂取するのが良いですし、ゼリータイプや粉末タイプであれば、運動の30分前に摂取するのが良いです。また、運動後に摂取するのであれば、運動の直後に摂取するのが良いです。

先ほども書きましたが、筋肉に「BCAA」があることで、筋肉の分解を抑制してくれますので、できれば、運動の前に摂取するのが良いかと思われます。


運動前 運動後
錠剤タイプ 運動の1時間から30分前 運動直後に摂取
ゼリー・粉末タイプ 30分前くらい

スポンサーリンク