当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

美しい女性の方が出世するか?

美しさと美貌を武器に出世街道を歩んだ女性の話は方々で耳にします。
その中でも特に、映画化されたものとして有名なのが エビータ です。

エビータというのは、アルゼンチンの大統領夫人です。
実在した大統領夫人で、昔はペロン大統領の夫人としてかなり辣腕を振るったらしいです。

スポンサーリンク

でも、その エビータ がその地位に登りつめるために利用したのは己の美貌です。
美しく見えるようにかなりの努力をし、男性に好かれる為に色々と創意工夫をしたり行動したりしましたし、己の美貌を磨く為にお金もかなりタップリかけたそうです。

これが良いか悪いかは別として、美人であれば美人であるというだけで人々の注目を集めることが出来ますし、己の美貌を上手く利用すれば成功しているだんなを獲得して「セレブ」として生きる事だってできますので、確かに、美人であった方がそうでないよりも出世しやすかったり高収入を稼ぎやすく(出世街道を爆進中のだんなをGETしやすく)なるのかもしれません。

でもまぁ、 エビータ にしても「美しいだけではない何か」を持っていたようですので、単なるセレブで終わるかそれともそれ以上の存在として名を残すことが出来るのかという事に関しては、「美しさ以外の何かの要素」も必要なのかもしれません。

美しさ以外の何かというのは、人々を惹きつける「カリスマ的な人格」だったり、「一般大衆の為に何らかのアクションを起こして見せること」だったり、「一芸に秀でた部分を披露したりすること」だったりするわけですが、やはり美しさ以外の何かの要素がなければ、ただの美人セレブ止まりになってしまうのではないかと思います。


エビータ [DVD]

マドンナ さん演じる、アルゼンチンの大統領夫人のエビータのお話です。
ミュージカル仕立てになっていて、マドンナさんの歌もたくさん聞けますので、ミュージカルの好きな方にもお勧めの作品です。

個人的には、「Don't cry for me Argentino〜」とかマドンナさんが歌っているシーンが特に好きでした。
マハトマ・ガンジー 氏のように、一般人と変わらぬ見た目で評価されていたカリスマもいますが、彼女の場合、「美しさ」も評価の中に加えられていたカリスマでした。


スポンサーリンク