当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

ナッティ・プロフェッサー

激ヤセする夢のお薬ができたら、どんなに素晴しいことかと思うのは、常にダイエッターの考えるところであると思います。

その夢のお薬について映画化したのが「 ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合 」です。
このお薬は激太りしたクランプ教授が、夢のヤセ薬で激ヤセするというお話なのですが、このお薬には重大な副作用があるわけです。

スポンサーリンク

その副作用とは、人格が変わってしまうという副作用です。
クランプ教授は奥ゆかしくて穏やかな性格ですが、人格が変わると外交的でハチャメチャな性格になります。

ダイエットしやすいお薬の中には、このような性格が変わるもの(イライラ・興奮)などの副作用のあるものがあるようですので、このお話のリアリティも高まるような気がしますが、それにしても、あのお薬、映画を見終わった後、私はメチャメチャ欲しくなったです。(^_^;)A
あぁ、私の脂肪も特殊メイクをとるように、バッサリと落とせないかしら・・・と思う今日この頃です。

映画では、クランプ教授の家族もエディ・マーフィが演じていたそうですが、すごく演技が上手くて驚きでした。(さすがエディ・マーフィです!)

エディ・マーフィ自体は、すごくスレンダーな体型をしていますので、特殊メイクをするのは、すごく時間がかかったそうです。(そりゃそうだ)


ちなみに、ナッティ・プロフェッサーには続編があります。「 ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々 」です。
ヤセ薬を飲んだ副作用が消えずに、別人格がクランプ教授を乗っ取ろうとするお話ですが、これもまた面白いお話でした。

ところでこの続編では、クランプ家の人々が、冷蔵庫に保管してあった例のお薬をGETして、激ヤセ&若返りで美しくなるというエピソードがありましたが、やっぱりこういうのって、本当にあれば、みんな使いたくなるものなのかもしれないです。
(冷蔵庫の中にあれば、私も絶対飲んでます。(^_^;)A)


スポンサーリンク