当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

社交ダンスとダイエット

先日、日本テレビで放映された「オールスターShall we dance?」に、角田さんが出演し、ダンスされていました。
その時角田さんが踊っていたのは「ルンバ」

ルンバは、腰をクネクネさせなければならないし、体の柔軟性を求められるダンスです。
ですので、格闘家の角田さんには少々きつかったご様子。
でも、角田さんは負けずに訓練を積み重ね、ついにルンバをそこそこ踊れるようになったのでした。

スポンサーリンク

・・・とまぁ、ここまではよくある話です。
問題はここらからです。
何と、角田さんのウエストが大幅減少したのです!

いやはや・・・ダンスをされている方々の多くがスタイルが良いなぁとは思っていたのですが、なるほど、腰を動かし骨盤周辺のインナーマッスルを鍛え、良い姿勢を保ち、ステップを踏み有酸素運動をしていると、そりゃぁ痩せるわけです。

しかも、角田さんのようにウエストの部分ヤセもできる!
さらには、ご夫婦やカップルでも楽しめるので、健康的な娯楽としてもOK!

・・・となると、これはもうダンスブームの到来の予感です。
80年代後半はジュリアナでしたが、今回は「Shall we ダンス?」ブームかもです。
(ダンスブームクルワァ *・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n’∀’)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*)

そのようなわけで、いよいよ今年、ダンスブーム到来の予感です!


ところで、役所浩二さんの出演されている日本版の映画の「Shall we ダンス?」は、日本人に共感できるシュチュエーションの作品だったです。(でも、実は私は、日本版の「Shall we ダンス?」では竹中直人さんが一番好きだったりしたのですが・・・(^_^;)A)

海外版の映画の「Shall we ダンス?」は、アメリカの弁護士先生がダンス今日教室に通うというシュチュエーションですので、日本人の私から見れば「全然一般のサラリーマンではないではないか!煤i!?゚Д゚)」というような気もするんですが、これはもう、アメリカですし、弁護士もピンキリで、稼げる人々以外はサラリーマンみたいなもんなんだろうと思うことにしておきます。(´・ω・`)


それにしても・・・
主演がリチャードギアですよ、皆さん・・・。
(リチャードギアが出演している時点で「ラブロマンス決定」みたいな・・・(´+ω+`))


ちなみに、日本版の「Shall we ダンス?」では、ダンスの先生が『 王様と私 』の例を挙げていたですが、「王様と私」にも2種類あって、 ユル・ブリンナーの出演している古いタイプの「王様と私」と、ジョディ・フォスター主演の「王様と私」のリメイク版の『 アンナと王様 』があります。

両者を比較すると、ユル・ブリンナー主演の「王様と私」の方がミュージカル風ですので、ダンスを楽しみたいのであれば、ユル・ブリンナー主演の「王様と私」の方が良いかもです。


スポンサーリンク