当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

食欲増進&抑制物質

ダイエットのキーワードとしてよく耳にするのがレプチンです。
今までは、この「レプチン」の働きが活性化すると痩せやすいと、方々の雑誌やTV番組などで目にしてきました。

レプチンというのは、食欲を抑える働きのあるホルモンです。
レプチンの働きは以下の通り。


レプチンの働き

Agrp(食欲増進物質)を減少
Pomc(食欲抑制物質)を増加

スポンサーリンク

ところが最近になって、レプチンがちゃんと体内に存在しても食欲が抑えられない可能性があることが米コロンビア大糖尿病センターの実験で判明したそうです。
何でも、「Fox01」という物質が働いているときには、レプチンを投与しても食欲が変わらなかったからなんだそうです。

もしかすると、今までの肥満治療としてレプチンの投与を受けた人の中には、まったく効果のない方々がおられたのかもしれません。
そこで「何故だろう?」ということで研究されていたのかもしれません。

ところで、この「Fox01」、なぜ活性化したんでしょうか?
(ストレスとか食生活とか日光に当たる時間だとか、そんな感じかなぁ〜(?_?))

チョコチョコと自分で調べてみたんですが、結局のところ分かりませんでした。
(「Fox01」自体が研究途中のものですので、致し方ないような気はしますが・・・)

人間用の「Fox01」の働きを止めるお薬は、まだ開発されていませんので、実際に人間がそのお薬を飲むのはかなり先になりそうなのですが、飲む場合には多分医師の処方箋が必要だと思いますので、お薬の投与を受けなくても、自分で「Fox01」の働きをコントロールして行ける方法とかあったら便利かと思いました。


スポンサーリンク