当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

停滞期を抜け出す秘訣

「ダイエットに成功したけど、1ヶ月ほどで体重が減らなくなってしまった」
このような状態のことを「停滞期」と言います。

停滞期はどうして起こるのかというと、体重が急激に減少してしまった為、脳が「飢餓状態で危険なので消費カロリーを減らそう」としてしまうからです。

また、脳は飢餓状態に対応するために、以前よりも脂肪を蓄えやすくして、飢餓状態に備えるのです。
これが「停滞期」の起こる理由です。

スポンサーリンク

停滞期を乗り切ろう

停滞期を乗り切る方法としては、↓のような方法があります。

じっとがまんして、停滞期が過ぎるまでダイエットを続ける
通常1ヶ月〜2ヶ月ほどで、停滞期を抜け出せます。

消費カロリーを増やす成分を含んだサプリを摂取する
カプサイシンなどの消費カロリーを増やす成分を含んだサプリを摂取します。

GI値の低い食事を摂る
雑穀やソバなどの「GI値の低い食事」を摂り、脂肪を蓄積しにくくします。

運動量を増やす
消費カロリーが停滞期で減った分、運動で消費カロリーを増やします。

筋肉(白筋)量を増やす
ゆっくりとした運動を行えば、基礎代謝に影響の大きい白筋の量を増やしやすくなります
太極拳はゆったりとした動きですので、白筋をより多く使います。
そのため消費カロリーが減りやすい停滞期には、太極拳がお勧めです。

クエン酸の入った健康食品を飲む
エネルギー消費を少しでも上がりやすい状態にします。


関連情報

太極拳のDVD


たかが停滞期、されど停滞期

停滞期は体重が減りにくいという事は分かってはいるのですが、やはり、体重が思ったように減らなくなっていくことに対しての不安や焦りは出てくることかと思います。

こういうときには、ダイエット仲間や停滞期を経験した方々のお話などを見聞きすることで、 焦りの気持ちなどはやわらぐかと思います。

例えば、停滞期のことを何も知らないA子さんがいたとします。
A子さんは、ある日突然体重が減らなくなってしまったことに焦り、そのうちにダイエットをあきらめてしまいました。

この経験が彼女にダイエットの挫折感を味あわせ、負の記憶としてインプットされました。
その反面、停滞期のことをよく熟知していたB子さんは、「あぁ、これが停滞期ネ」と、停滞期を焦りの気持ちが無いまま停滞期を迎えます。

そして、「このままダイエットを続けていれば、また体重が下がり始める日がくるのネ」と、安らかな気持ちでダイエットを続ける事が出来たのでした。

もし停滞期が訪れたとしたら、B子さんのようにゆったりとした気持ちで停滞期を迎えれば、停滞期が来てもダイエットに挫折しにくくなるのではないかと思います。

さらに、当初の計画がかなり楽に設定してあった場合、停滞期が来た際に運動時間を増やしてみたりして、できるだけ早く停滞期を抜け出せるように出来るのではないかと思います。
(停滞期中ですので、付け加えた分のダイエットの効果も、当然低くなるとは思われますが・・・)


スポンサーリンク