当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【回虫】 寄生虫が欲しいダイエッター 【サナダ虫】

この寄生虫、普通に腹の中に居るときには気がつかないのですが、虫下しの薬を飲むとお尻の穴から長くて太い寄生虫が「ヌルー」っと出てくるので、それはもう、ビビまくるらしいです。

戦後まもなくの頃は、回虫やサナダ虫などの寄生虫を保有している人は多くいました。
かく言う、管理人の両親の腹の中にも寄生虫は居たと聞きます。

スポンサーリンク

そんな話はさておいて・・・ 最近は、ダイエットのために回虫やサナダムシの寄生虫を腹に飼いたがっている人が増えているらしいです。
基礎代謝が低すぎて食事制限や運動をしてもやせにくい人の中には、サナダムシだろうが回虫だろうが何でもいいからとにかくやせたいという思惑もあるようです。

ところで、かの有名な寄生虫学者の「藤田紘一郎先生」のご本によりますと、サナダムシや回虫などは少しであれば腹に飼っていても害はないとの事。
(大量に寄生虫が繁殖してしまうと、腸が詰まってしまうようなのですが・・・)
しかも、余分な栄養は寄生虫たちが食べてくれるので、ダイエットにもなる可能性があるとのとこ。
(間違っていたらごめんぽ)


関連商品

寄生虫学者の藤田紘一郎先生の本


でも、今の日本ではなかなか寄生虫つきの食べ物を食すのは難しいのが事実です。
有機野菜を生野菜サラダとして食べて、大量の寄生虫が腹に寄生して腸が詰まって病院に運び込まれた人のエピソードなんかはありましたが、やはり、適度の数の回虫を腹に飼うのは難しい事なのだと思います。

ちなみに・・・ 藤田紘一郎先生は、寄生虫とアレルギーやアトピーなどの研究もされておられるわけですが、藤田先生の本を拝見すると、寄生虫を腹に飼っていると自分の細胞を攻撃してしまう自己免疫機能が寄生虫を攻撃するのに向かい、アレルギーが起こりにくくなるんだそうです。

いやはや、たかが寄生虫、されど寄生虫。
寄生虫は、案外、悪い生き物ではないのかもしれません。


スポンサーリンク