当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

一人きりダイエット

ダイエットには、家族の理解と協力を得てダイエットする方法と、一人でダイエットする方法があります。家族の理解と協力を得てダイエットするには、家族が理解して協力してくれることが前提となります。
この場合、以下のような理解と協力があります。


  • 本人のダイエット料理に付き合ってくれる
    (家族が普通のメニューを食べていると、本人も普通の食事を食べてしまいたくなるため)
  • 本人がダイエットする時間を捻出できるよう手伝ってくれる
  • ダイエットにかけるお金を家計やお小遣いから工面してくれる

スポンサーリンク

家族の理解と協力が得られない?!

ところで、この家族の理解と協力がしてもらいにくいケースがあります。
ダイエットしたいと望む本人以外の家族がダイエットに興味が無い、或いは、ダイエットするよりも美味しい食事を食べたいと家族の人が望んでいる場合、本人はダイエットに挫折しやすくなります。(鉄の意志と心を持ち合わせていたら別ですが・・・。(^_^;))

また、この他にも、お子さんがまだ小さい時もダイエットの理解と協力を得にくいです。
なぜやせなければならないのか、どうしてお母さん(またはお父さん)がダイエット用の食事を摂らなければならないのか理解できないですし、一日中付きっ切りで世話をしなければならない場合、長時間の有酸素運動などに時間を費やしにくいからです。

こんな時、マンスリーマンションに住んだりエステサロンの合宿に参加したりして、そこで一人でダイエットに励むという方法だと、ダイエットの成功率が高まります。
マイペースにダイエット生活を送ることが出来るからです。

この方法ですと、マンスリーマンションの賃料や食費や光熱費などかなりのお金がかかってしまうことや、家族のために家事や育児が出来なくなるという負の面はありますが、どうしてもダイエットしなければならない特別な事情などがある場合は、止む終えないケースもあるのかもしれません。


スポンサーリンク