当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

お風呂で半身浴ダイエット

一昔前は、お風呂ではダイエットは出来ないと言われていました。「体を動かしていないのに脂肪は燃焼しない」と言われていたのです。

しかしながら最近では、半身浴(みぞおちの辺りまでお湯に入る入浴法)する事で、ダイエットが出来ると言うことが、医学的に証明されました。

入浴すると湯温や水圧によって心拍数が上がるために、安静時と比べてカロリーを余分に消費します。体は動かしていないですが心拍数だけ上がるのです。

スポンサーリンク

これはエンジンを空ぶかししているようなもので、案外と体には負担ですので、体に疾患がある方や、心臓などの弱い方は入浴でダイエットされる際は、充分にお気をつけ下さい。

※ 現在治療をされておられる方は、半身浴ダイエットをする前に、かかりつけのお医者さんにご相談下さい。

半身浴の良い点

半身浴は手軽に行える

入浴は、水道代の安い日本に住んでいれば安上がりに行える行為です。
体を清潔にするついでにダイエットが出来るなんて、まさに理想のダイエット法です。


半身浴は体に与える負担が少ない

昔は、「肩までお湯につかりなさい」と子供に言っていたものでした。
しかしながら、最近はこの考えは否定されています。

肩までお湯に浸かってしまいますと、心臓に負担がかかってしまうからです。
半身浴は、肩まで浸かる入浴方法よりも、体に与える負担が少ないのです。


半身浴は水の量は少なくても体が十分に温まる

半身浴は、水の量は少なくても体が十分に温まる入浴法です。
半身浴だと体が十分に温まらないと誤解されておられる方がいらっしゃるかと思いますが、実はそれは誤解です。下半身で温められた血液は、約1分ほどで全身を駆け巡ります。その為、肩までお湯につかっていなくても、十分に体を温める事が出来るのです。

半身浴に必要なお湯の量は、肩までお湯に浸かるために必要なお湯の量よりも遥かに少ない為、お水代や光熱費の節約を考えても、半身浴は良い入浴法と言えるかもです。


半身浴は体の芯まで温まり、湯冷めしにくい入浴法

半身浴は肩まで浸かる入浴法とは違い、長時間の入浴が可能ですので、体の芯まで温まるまでゆっくりと入浴する事が出来るのです。

また、体の芯まで温まりますので、湯冷めしにくいのも特徴です。
(肩まで浸かる入浴法は、体の表面が暖まっただけでかなりの暑さを感じてしまいますので、半身浴と比べると湯冷めがしやすいです)


水圧が下半身にかかるので、むくみ解消に効果的

半身浴は水圧が主に下半身にかかるので、時間と共に水分や老廃物が溜まりやすい脚などの部位を圧迫し、上半身に血液を送り出すのを助けてくれますので、むくみを解消を目的とするのであれば、なおさら半身浴がベストであると言えます。


半身浴は疲れ方が少ない

半身浴はお風呂から上がった後の疲れ方も違います。
半身浴の方が、疲れ方が少ないのです。

なぜ、半身浴の方が疲れ方が少ないのかと言うと、体が受ける水圧が半身浴の方が少ないからです。全身が浸かっている状態ですと、肺や心臓なども水圧の影響を受けてしまい、それがお風呂あがりの疲労感に結びついてしまうのです。


半身浴は継続しやすい

半身浴は非常に続けやすいですので、ウォーキングやダンベル運動などに比べて有利かと思います。また、雨や雪などの天候に左右されないのもうれしいです。
しかも、疲れが取れやすいですので、残業で疲れがたまっておられる方にもお勧めです。


半身浴の良い点

  • 半身浴は手軽に行える
  • 半身浴は体に与える負担が少ない
  • 半身浴は水の量は少なくても体が十分に温まる
  • 半身浴は体の芯まで温まり、湯冷めしにくい
  • 半身浴は水圧が下半身にかかるので、むくみを解消に効果的
  • 半身浴は疲れ方が少ない
  • 半身浴は継続しやすい

関連商品

お風呂で使えるマッサージ用のローラー

お風呂で使える超音波型のマッサージ機器

防水時計

湯温計

お風呂用の枕

バスブックスタンド


半身浴とダイエット

半身浴でカロリー消費
半身浴を20分以上続けると、個人差はありますが、約20〜60kcal(38℃30分で約20kcal)を消費すると言われています。これは、散歩を10分ほど続けたのと同じくらいの消費量です。
仮に半身浴のカロリーの消費量を20kcalで計算しますと、118日(3ヶ月半程度)で、0.25キロを消費してくれるわけです。

これを1年続けると、毎日お風呂に入っているだけで、0.8kgのダイエットに成功する計算になります。これを5年続けますと、4kgものダイエットに成功してしまうわけです。
(あくまでも卓上論のお話ですが)


半身浴で体質改善
むくみ・冷え症や新陳代謝を改善できるということです。
「ダイエットをしているが、下半身がなかなかやせない」という方は、多いかとは思いますが、こういう方にこそ半身浴ダイエットがピッタリだと思います。


半身浴でストレス緩和
さらに、ストレスを和らげてくれますので、「ストレスからくるやけ食い」を起こりにくくしてくれますし、ストレスからくる過剰な血管の収縮も緩和してくれますので、セルライトの原因である「手足の冷えやむくみ」を改善しやすくなるわけです。


半身浴でダイエット効果をUP
最後に、半身浴ダイエットをすることによる代謝の向上があることを忘れてはなりません。
つまり、半身浴ダイエットは他の有酸素運動と組み合わせる事で、さらに多くのカロリー消費を期待できるのです。

脂肪を分解する酵素の働きを阻害しないようにするために、有酸素運動後の半身浴は「運動後30分以降」にしましょう


快適!半身浴の薦め

半身浴を快適にするコツ

快適な半身浴をするための、コツの一覧です。

  • 体が冷えるときは、バスタオルなどを肩からかけ保温する
  • 浴室内の温度が低過ぎる場合は、シャワーを流して浴室内の温度を上げる
  • 頭がのぼせた場合は、洗面器に水を入れ、手足をその水にひたす
  • 本やCDなどの「暇つぶしアイテム」を浴室に持ち込み、快適に半身浴を行う
  • 半身浴の前にしっかりと水を飲むか、水を飲みながら半身浴をする

関連ページ

セルライトの反復浴ページ


この他、ストレス緩和や保温効果のあるエッセンシャルオイルや、引き締め作用の高い入浴剤を使用すると、さらに効果的な半身浴を行えます。
金銭的に余裕があり、エッセンシャルオイルに興味のある方は、一度ぜひお試しください。


半身浴ダイエットの注意点

長時間お湯に浸かっていると、肌の水分が奪い取られて肌荒れがひどくなる場合がありますので、お肌が乾燥して肌荒れが起こってしまう場合には、保湿剤や化粧水などを塗って、お肌を乾燥から保護した方が良いと思います。

なお、乾燥した肌に塗るよりもお肌の水分を逃さずに済みますので、お風呂上り、肌についた水分をタオルでぬぐう前に保湿剤などを塗ることが大切です。


スポンサーリンク