当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

それってホントにセルライト?

セルライトという名前は、近年、一般に広く知られるようになりました。
でも、その反面、セルライトとは別のものも「セルライトかな?」と思う方も増えてきました。

でも、セルライトだと思い込んでいても、実はセルライトではないものもかなりあります。
その場合、セルライトのケアをしても効果薄です。

スポンサーリンク

セルライトと勘違いしがちなもの

1、肉割れをセルライトと勘違いする
肉割れは、短期間に皮膚が伸びて裂けることでできる筋です。
裂け始めは赤い筋で、しばらくするとその筋は白く変色します。
これはセルライトとは別物です。

2、皮膚のたるみ、シワなどをセルライトと勘違いする
セルライトは酷くなってくるとお肌の血行を阻害してお肌のシワやタルミの原因にもなりやすくなるものですが、セルライトが無くとも、部位や年齢によっては皮膚がたるんだりシワが出来たりするものですので、必ずしも「シワ&タルミ=セルライト」ではないです。

シワやタルミが気になる時には、保湿クリームを塗ってあげたり、筋肉をつけてタルミを改善するなどしてケアしてあげてください。

関連商品

保湿クリーム

3、ブヨブヨの脂肪をセルライトと勘違いする
お肌の表面が凸凹しておらず、キレイにブヨブヨしている脂肪は「ただの脂肪」です。
ダイエットして落としてあげましょう。

4、むくみをセルライトと勘違いする
むくみで下半身が大きく膨れている場合、セルライトが一番に思いつきますが、ただのむくみのケースもあります。


確かに、むくみがあるとセルライトができやすいものですが、むくみがあるだけでセルライト対策をするのは、時間やお金にロスが生じる可能性もありますので、むくみだけの症状しかない方は、むくみのケアを重点的に行った方が無難かと思います。

このように、セルライトと勘違いしやすいケースが多いものですが、それぞれの症状にあった方法で、適切にケアしてあげることが大切かと思います。


スポンサーリンク