当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

冷たい水に慣れる方法

セルライト対策のための入浴法では、半身浴の合間、合間に、冷たい水をセルライトの気になる部分にかけます。
これは季節にもよるのですが、水温が低いので慣れるまではなかなか辛いものがあります。

そこで、私の行った「冷たい水に慣れる方法」を書いてみます。

スポンサーリンク

1、最初はつま先からスタートする
最初からお尻や太ももなどに水をかけるとかなり厳しいものがあります。
また、心臓などにも負担がかかりやすくなりますので、つま先から水をかけるようにします。

2、日を重ねるごとに徐々に上の部位まで水をかけるようにする
一回のセルライト対策の入浴法でもつま先から水をかけたほうが良いわけですが、これは、中・長期的にみてもそのようにした方が無難だと思います。
徐々に下から攻略して行った方が、水の冷たさを克服しやすくなるからです。

3、最初は高めの水温で挑戦する
最初から冷たい水を利用すると、その冷たさから挫折しやすくなりますので、特に冷たい水が苦手な方はぬるい程度のお湯で始めるとよいかと思います。
この場合も、つま先からスタートした方が無難であると思います。

4、水をかける時間を少なめにする
一応、目安で1〜2分程度、水をかけると書きましたが、まだ水に慣れていないうちは、少ない時間でもよいと思います。
あくまでも、ご自分の出来る範囲でトライし続けることが大切だと思います。

5、水をかける部位の筋肉に力を入れる
水をかける部位に力を入れると、水の冷たさを緩和できます。
(全くの気のせいなんですけどね)
それでも、全くリラックスしている状態よりも水の冷たさを感じにくかったです。


防水時計
入浴中でも入浴時間の測定ができます。

湯温計
温度をしっかりと計れます。
湯温調節の難しい給湯器をお使いの場合はお勧めです。

お風呂用の枕
入浴中に使う枕です。
入浴中に使うと、首や後頭部が優しくサポートされます。

バスブックスタンド
お風呂の中で楽に本を読むためのスタンドです。


スポンサーリンク