当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

セルライト対策のための入浴法

半身浴についてのページお風呂でセルライト対策のページでも書いているんですが、専用のページでしっかりと書いたことが無かったですので、専用のページに「セルライト対策のための入浴法」を詳しく書きたいと思います。


セルライト対策のための入浴法

セルライト対策のために行う入浴法は、「高温入浴・冷水シャワーの反復浴」です。
高温のお湯での入浴と冷たいシャワーを交互に浴びることによって、セルライトの凸凹肌を改善します。

スポンサーリンク

セルライト対策のための入浴法 -注意点-

セルライト対策のための入浴法を行うと、最初のうちは非常に痛痒いです。(^ω^;)
また、冷たさに慣れる必要がありますので、最初のうちは、冷水の温度を高めにしておいても構わないと思います。(冷水に慣れてくると、冷たい水でも耐えられるようになりますので・・・)

セルライト対策のための入浴法 -これだけはお止め下さい-

これは基本中の基本なんですが、心臓に疾患をお持ちの方や高血圧の方、さらには何らかの持病をお持ちの方はやめておいた方がよいです。
・・・というか、持病をお持ちの方で、このセルライト対策のための入浴法を実践されたことで、体に何らかの異常が発生しても管理人は責任は取れんです。

セルライト対策のための入浴法 -時間と温度の目安-

下に、セルライト対策のための入浴法の時間や湯温の目安を書きましたが、あくまでも目安程度でよいと思います。電車の時刻表ではないので、あくまでも適度に、体調などを考慮しながらやるとよいです。
ちなみに、水温をより冷たい水にしてやると、かなりキューーーッときます。
(まあ、その分、痛みもキューッときますがね・・・。 工エエェェ(´д`)ェェエエ工)

セルライト対策のための入浴法 -季節と効果-

これは以外に盲点なんですが、特に、夏などは水温や浴室の温度が高いので、さほど効果が出にくいことがあります。
その点、冬なんかは水温が低く、キューーーーーーーーッ!って感じになりますので、キツイのはキツイですが、効果は高めだと実感できます。(冬に痛みに耐えながら、半身浴の合間に真水をかけてやると、太ももやお尻がツルリとするですよ。(^ω^))


セルライト対策のための入浴法

1、10分程度入浴 (湯温/40℃程度)
2、20℃程度のシャワーを、セルライトの気になる部分にかける(時間/1〜2分程度)
3、5分程度入浴 (湯温/40℃程度)
4、20℃程度のシャワーを、セルライトの気になる部分にかける(時間/1〜2分程度)
5、5分程度入浴 (湯温/40℃程度)
6、20℃程度のシャワーを、セルライトの気になる部分にかける(時間/1〜2分程度)


セルライト対策のための入浴法は簡単で単調です。
時間がかかることが難点ですが、時間はその都度融通をきかせてやるとやりよいです。
湯温や水温はお好みで。
無理をせずに少しずつ体を慣らしていきましょう。


防水時計
入浴中でも入浴時間の測定ができます。

湯温計
温度をしっかりと計れます。
湯温調節の難しい給湯器をお使いの場合はお勧めです。

お風呂用の枕
入浴中に使う枕です。
入浴中に使うと、首や後頭部が優しくサポートされます。

バスブックスタンド
お風呂の中で楽に本を読むためのスタンドです。


スポンサーリンク