当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

セルライトと肉割れの共通点

セルライトと肉割れは違うものです。
セルライトは、大きく肥大した凸凹の脂肪細胞です。
一方、肉割れは、肥満や妊娠などによって、体が急激に膨張し、皮膚が裂けてしまったときに出来る傷跡です。

この二つには共通点は無いように思えますが、実は一つだけ共通点があります。
それは、むくみによって発生しやすいことです。

スポンサーリンク

むくみが酷くなると、「リンパ管から溢れ出したリンパ液」に含まれる老廃物などがリンパ管の傍にある脂肪細胞にくっついて、セルライトが生じやすくなります。

また同時に、むくみが酷くなると、脚が膨れ上がりますので、皮膚が裂けやすくなります。
さらに、セルライトで皮膚に栄養が運ばれずに皮膚の弾力が大きく失われた場合、皮膚が裂けやすくなり、肉割れも生じやすくなります。

ですので、セルライトと肉割れは関連性がないように見えて、実は関連性があるものです。
両方の症状の原因であるむくみ予防を心がけ、セルライトが出来ていて肌がカサカサの場合は、市販の 保湿クリーム などでお肌の潤いに気をつけながら、セルライト対策された方が無難であると思います。


スポンサーリンク