当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

マッサージアイテムと保湿クリーム

手を使ってマッサージを行うと、マッサージによる負荷がお肌にかかっているのが分かりやすいです。

ですので、「摩擦による負荷を減らすためにマッサージオイル保湿クリームを塗ったほうが良いかも?」と考えやすいのですが、コロコロ型のマッサージアイテムめん棒ゾーンセラピーの場合などは、摩擦の感覚がダイレクトに伝わりにくいので、後でお肌がガサガサになって摩擦の強さに気付く事も。

スポンサーリンク

ですので、コロコロ型のマッサージアイテムやめん棒ゾーンセラピーなどで摩擦の感覚がさほど感じられなくても、一応、マッサージオイルや保湿クリームなどを塗ってからマッサージを行ったほうが無難かもです。

ところで、どうしてもマッサージオイルや保湿クリームが嫌だと言う方もおられると思いますが、このような場合は、マッサージする箇所のすべりを良くするために、滑らかで静電気のおきにくいストッキングを履くとマッサージの負荷を減らせます。

でも、この場合、リンパ液や老廃物の流れを滞らせないようにするために、ストッキングの締め付け具合には注意した方がよいかもです。
(タイトな着圧タイプのストッキングとか小さめのストッキングしかお持ちでない場合、サイズが大きめだったりタイトではないマッサージ専用のストッキングを買うのもありかもです)


スポンサーリンク