当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

英語版wikipediaのセルライトページを解説

関連ページ

Wikipedia 英語版のセルライトページを和訳してみた


セルライトの発生する原因

  • セルライトは思春期以降の女性に多く見られる
  • 男性にはあまり見られない
  • 疾患や体質で※ アンドロゲン不足の男性にはセルライトがみられる
  • アンドロゲン不足が悪化すると、セルライトも悪化する
  • ※ エストロゲンがセルライトを悪化させる
    (インシュリン、カテコールアミンアドレナリンとノルアドレナリンなどのホルモン類や、甲状腺のホルモン類なども、セルライトを悪化させる働きがある)
  • 遺伝因子
    (ホルモン受容体対立遺伝子)

  → セルライトの発生には、ホルモン(アンドロゲン)が
    関与していると思われる

この他、水代謝の混乱や、結合組織の異常なポリマー化、慢性静脈不全などもセルライトの原因と考えられている。

スポンサーリンク

※ アンドロゲン
アンドロゲンとは、男性ホルモン(雄性ホルモン)です。
男性の副生殖器を発育させ、機能を促進する働きがあります。

※ エストロゲン
エストロゲンとは、女性ホルモン(卵胞ホルモン)のことです。
体内で多種多様な働きをし、二次性徴を促進する働きがあります。


何故 女性にはセルライトが出来るのか

  • 女性の結合組織はとても硬い
    (脂肪細胞が膨れると、皮膚の表面に向かって膨らんでしまう)
  • 女性の皮膚は、男性の皮膚よりも薄い
    (脂肪の状態が見えやすい)
  • エストロゲンが分泌されるから
  • アンドロゲンが少ないから

生活習慣

セルライトの発生しやすい生活習慣は以下の通りです。

  • 喫煙
  • 運動の不足
  • 脂肪過多
  • でんぷん質の多い食事
  • 長時間同じ姿勢で座ったり立ったりする
  • ストレスの高い生活

セルライトの出来やすい服装

下着や洋服によって血流が阻害されて、セルライトが出来やすくなります。

セルライトの出来にくい服装

  • ボーイショーツ
    (Boy Shorts)
  • 皮ひものショーツ
  • 素っ裸で寝る
    (地震が起きたら怖いですが・・・。orz)

セルライトのグレード

グレード1

  • 臨床症状はない
  • 組織病理学的変化はない

グレード2

  • 絞ったり力を入れた時に皮膚は青白くなる
  • 温度が低くなる
  • 弾力が減少する
  • 凸凹(オレンジピール)はない
  • 組織病理学的変化がある

グレード 3

  • 皮膚の凸凹(オレンジピール)が目立つ
  • 標準的グレード
  • 皮膚深層のセルライトは振動で見つけることができる
  • 絞ったり力を入れた時に皮膚は青白くなる
  • 温度が低くなる
  • 弾力が減少する
  • 凸凹(オレンジピール)はない
  • 組織病理学的変化がある

グレード 4

  • グレード 3より皮膚の凸凹(オレンジピール)が目立つ
  • 皮膚の深部に付いている気味悪い塊が存在する
  • 皮膚に顕著な凹みがある
  • 皮膚に波形の外観が見える
  • 皮膚の深部のセルライトは振動で見つけることができる
  • 絞ったり力を入れた時に皮膚は青白くなる
  • 温度が低くなる
  • 弾力が減少する
  • 凸凹(オレンジピール)はない
  • 組織病理学的変化がある

セルライトの治療

多数の治療が試されてきましたが、どれにも科学的に発表されたレポートはありません。
最も有益な治療は、生活習慣の改善となっています。
この中でも、不安やストレスのコントロールはかなり有益です。


物理的な治療

  • 超音波
    (超音波振動により、脂肪をマッサージする)
  • pressotherapy
    (血液循環の方向に空気でマッサージすること)
  • リンパドレナージュ
    (リンパの流れを促進するマッサージテクニック)
  • electrolipophoresis
    (低周波電流のアプリケーション)
  • ラジオ波
    (皮下の脂肪組織を温め、部分的にコラーゲンを再生させて、若々しく見せる)
  • メソテラピー 
    (脂肪を燃焼させる注射により脂肪を除去する施術法・結果がマチマチ)

これらの製品はいくつかの使用の後、成功したと主張しているケースがあります。
セルライトの外観を一時的に減らすとFDAの承認を受けることができますが、
セルライトのグレードを低下させ続けるよう、フォローアップが要求されています。


リンパドレナージュ

リンパドレナージュで生じる熱が、毛細管内の体液の排出を促進。
脂肪酸の吸収などにより、「オレンジピール」のが緩和される。
グレード3、グレード1、2に使用できる。
(グレード4については書かれていないです)


薬物によるセルライトの治療

様々な薬物が試されたが、いずれもセルライトに重要な影響を及ぼすとは、
科学的な文献では報告されませんでした。
セルライトの縮小に有効なものとして承認されたサプリメントはありません。


美容的な問題

セルライトは無害ですが、美容的な面では懸念材料です。

  • 脂肪吸引
    (脂肪を皮膚から抜き取る・美しさがダウンする可能性がある・セルライトには効果的ではない)
  • 食事制限
    (セルライトの凸凹を失くすことはできない)
  • 適度な運動と栄養摂取によるダイエット
    (肥大化した脂肪細胞を縮小させることが可能)

Wikipediaは、国によってその記述に違いがあるようです。
セルライトでは、それが顕著に現れているようです。


日本版・wikipediaのセルライトページ

英語版・wikipediaのセルライトページ


英語版・wikipediaのセルライトページを和訳したページ
いーなコレクター内のページです。
一部、和訳が出来ていない部分があります。
和訳に誤りがある可能性があります。


スポンサーリンク