当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

Wikipedia 英語版のセルライトページを和訳してみた

現在、Wikipedia は各国に作られていますが、各々の国で違ったことが書かれています。
そこで、英語版のWikipedia のセルライトページを和訳してみました。


Cellulite describes a condition that occurs in men and women (although much more common in women) where the skin of the lower limbs, abdomen, and pelvic region becomes dimpled after puberty.[1]

The term was first used in the 1920s and began appearing in English language publications in the late 1960s, the earliest reference in Vogue magazine,
"Like a swift migrating fish the word cellulite has suddenly crossed the Atlantic."

Descriptive names for cellulite include orange peel syndrome,cottage cheese skin, the mattress phenomenon, and hail damage.

Synonyms include: adiposis edematosa,dermopanniculosis deformans, status protrusus cutis, and gynoid lipodystrophy.
Cellulite is unrelated to cellulitis, which is infection of the skin and its underlying connective tissue.


セルライトは、思春期以降、男性と女性(女性はずっと一般的ではありますが)の下肢と腹部、それに骨盤部分の皮膚が凸凹になる状態を言います。
その言葉は1920年代に最初に使われ、ヴォーグ誌で最も早い参照、1960年代後期の英語出版物で現れ始めました。「速い移動性の魚のように、セルライトは大西洋を突然横断した」[2]

セルライトの記述名は、オレンジピール症候群、カテージチーズ皮膚、マットレス現象、雹損傷を含みます。同義語は以下を含む:脂肪過多、edematosa、変形性dermopanniculosis、protrusus皮膚の状態 及びgynoid脂肪異栄養症。
セルライトは皮膚の感染症の蜂巣炎とは無関係であり、それは結合組織の基礎をなしています。

スポンサーリンク

Occurrence

発生

It is common for post-pubescent females to display some degree of cellulite.
There appears to be a hormonal component to its presentation.
It is rarely seen in males.[1]

It is seen more commonly in males with androgen-deficient states such as Klinefelter's syndrome, hypogonadism, post-castration states and in those patients receiving oestrogen therapy for prostate cancer.
The cellulite becomes more severe as the androgen deficiency worsens in these males.


思春期以降の女性には、いくらかのセルライトが見られるのは一般的です。
ホルモン成分のプレゼンテーションであるように見えます。
男性にはめったに認められません。

それはクラインフェルター症候群、性腺機能低下症、去勢後の状態、そして、前立腺癌で発情ホルモン療法を受けるそれらの患者のような、アンドロゲン不足の状態の男性に、より一般的に見られます。
これらの男性でアンドロゲン欠損が悪化すると、セルライトはより厳しくなります。


Causes

ケース

One plausible explanation - which also explains why very few men suffer from cellulite - is based on the composition and behavior of women's fat cells and the connective tissue that holds them in place.

Very simply, a woman's connective tissue is very inflexible, so as females gain weight their fat cells expand, and tend to bulge upwards towards the surface of the skin, giving the classic orange-peel appearance of cellulite.

In men, not only is there generally less fat on the thighs, but also the outer skin is thicker and thus obscures what is happening to any surplus fat below.

The causes are poorly understood, and several changes in metabolism and physiology may cause cellulite or contribute to cellulite.
Among these are a disorder of water metabolism, abnormal hyperpolymerization of the connective tissue, and chronic venous insufficiency.[1]


1つのもっともらしい説明 (ほんのわずかな男性がなぜセルライトに悩むかを説明します) は、適切な場所にそれらを保有する女性の脂肪細胞と結合組織の構成と働きに基づいています。

とても簡単です、女性の結合組織はとても硬く、女性が太るのに応じて彼女らの脂肪細胞が広がり、上向きに皮膚の表面に向かってふくらむ傾向があり、セルライトの古典的なオレンジの皮の外観を与えるのです。

男性は、一般にももの上にある脂肪がより少ないだけではなく、外側の皮膚はより厚く、その結果、以下のどのような余分な脂肪に起こっていることが見えにくくなります。

原因は不十分に理解されていますし、何回かの代謝と生理機能の変化は、セルライトを引き起こすか、セルライトに貢献するかもしれません。
このうち、水代謝の混乱、結合組織の異常な超・ポリマー化、および慢性静脈不全があります。


Hormonal factors
ホルモン因子

Hormones play a dominant role in the formation of cellulite.
Estrogen is the most important hormone.

It seems to initiate, and aggravate cellulite.
Other hormones including insulin, the catecholamines adrenaline and noradrenaline, thyroid hormones, and prolactin have all been shown to participate in the development of cellulite.[1]


ホルモンはセルライトの構成における優位な役割を果たします。
エストロゲンは最も重要なホルモンです。

それはセルライトを生成して、悪化させるように思えます。
インシュリン、カテコールアミンアドレナリンとノルアドレナリンを含む他のホルモン類、甲状腺のホルモン類、そしてプロラクチンのすべては、セルライトの発達に関与することが示されました。


Predisposing factors
前処理要素

Several genetic factors have been shown to be necessary for cellulite to develop.
Gender, race, biotype,[3] a hormone receptor allele that determines the receptor number and sensitivity, distribution of subcutaneous fat, and predisposition to circulatory insufficiency have all been shown to contribute to cellulite.[1]


いくつかの遺伝因子が、セルライトが展開するのに必要になるように示されました。
性別、人種、遺伝因子型、受容体番号と感度を決定する「ホルモン受容体対立遺伝子」、皮下脂肪の分配、そして循環系の不足の傾向は、すべてセルライトの一因となると示されました。


Diet
食事制限

Diet has been shown to affect the development and amount of cellulite.
Excessive amounts of fat, carbohydrates, salt, or too little fiber can all contribute to an increased cellulite.[1]


食事制限は、セルライトの発達と量に影響するように見られました。
過度の脂肪、炭水化物、塩、または少なすぎる食物繊維が、すべてセルライトの増加に寄与できます。


Lifestyle
生活習慣

Smoking, lack of exercise, fatty/starchy foods, and sitting or standing in a single position for long periods have all been correlated with an increase in cellulite.
A high stress lifestyle will cause an increase in the catecholamine hormones. [1]


喫煙、運動の不足、脂肪過多/でんぷん質の食品、そして、長時間 一つの位置に座ったり立ったりすることは、すべてがセルライトの増加と関与していました。
高いストレスの生活習慣は、カテコールアミンホルモンの増加を引き起こすでしょう。


Fashion
ファッション

Within the last 40-50 years women went from loose underwear around the thighs
to tight underwear going across the middle of the buttock.
Underwear that has tight elastic across the buttock limits blood flow, encouraging cellulite to form.
Wearing thongs, boyshorts, or sleeping naked can reduce the impact underwear plays on cellulite's development. [4]


ここ40-50年以内に、女性はももの周りがゆるい下着から、尻の中央を横切っているきつい下着へと移行しました。
腰全体に堅いゴムを持っている下着は血流を制限し、セルライトを生じさせます。
皮ひもや ボーイショーツ (Boy Shorts)を着るか、裸の状態で寝ることは、下着の作用の影響によるセルライトの発達を減少することができます。


Classification
グレード

Grade 1
No clinical symptoms, but histopathology detects underlying anatomical changes.[1]

Grade 2
The skin shows pallor, lower temperature, and decreased elasticity after compression or muscular contraction.
There is no visible "orange peel" roughness to the skin.
Additional anatomical changes are detected by histopathology.[1]

Grade 3
Visible "orange peel" roughness to the skin is visible at rest.
This is the "canonical" grade of cellulite.
Thin granulations in the deep levels of the skin can be detected by palpitation.
All Grade 2 signs are present, with further anatomical changes are detectable by histopathology.[1]

Grade 4
All Grade 3 symptoms are present, with more visible, palpable, and painful lumps present which adhere to deep structures in the skin.
The skin has a noticeable dimpled, wavy appearance.
Additional histopathologic changes are detected.[1]


グレード 1
臨床症状はないが、組織病理学は根底にある解剖学的変化を見つけます。

グレード 2
皮膚は、圧縮または筋収縮の後青白く、より温度が低く、弾力の減少を示します。
皮膚には、凸凹(オレンジピール)は少しも見えません
更なる解剖学的変化は、組織病理学によって見つけられます。

グレード 3
目に見える皮膚の凸凹(オレンジピール)は、じっとすると目立ちます。
これはセルライトの「標準的な」グレードです。
皮膚の深いレベルの薄い肉芽は、振動によって見つけることができます。すべてのグレード2の兆候が存在し、一層の解剖学的変化は組織病理学によって見つけられます。

グレード 4
すべてのグレード3の兆候が存在していて、より目立ち、はっきりとし、皮膚の深い組織にくっついた不快な塊が存在します。
皮膚には顕著なへこみ、波形の外観があります。
いっそうの組織病理学の変化が検出されます。


Therapy
治療

Numerous therapies have been tried.
There are no published reports in the scientific literature showing that any of these therapies work.
The most beneficial therapy is to control lifestyle factors.
Controlling stress and anxiety are considerably beneficial.


多数の治療が試されてきました。
これらの治療作業のどれにも、科学的文献説明の中で発表されたレポートはありません。
最も有益な治療は、ライフスタイル要因をコントロールすることになっています。
不安とストレスのコントロールは、かなり有益です。


Physical and mechanical methods
物理的・機械的方法

Iontophoresis, ultrasound, thremotherapy, pressotherapy (pneumatic massaging in the direction of the circulation), lymphatic drainage (massage technique to stimulate lymphatic flow), electrolipophoresis (application of a low frequency electric current) have all been tried.[1]

To administer a lymphatic drainage massage, the individual is positioned
so that maximum exposure is given to the target area.
Several slaps with the open palm are applied to the area for about two minutes,
with occasional pauses to rub the area in a circular motion.

The resulting heat, along with the vibration of the skin and rhythmic contractions of the gluteus muscles stimulates the draw of fluid into the capillaries.

The absorption of fatty acids and subsequent transport of fat causes the "orange peel" roughness to the skin to disappear.
This may take several sessions to accomplish.
The massage can be effective not only with Grade 3 cellulite but can be used pro-actively for Grade 1 and 2.


イオン導入、超音波、 thremotherapy、pressotherapy(血液循環の方向に空気でマッサージすること)、リンパドレナージュ(リンパの流れを促進する マッサージテクニック)、electrolipophoresis (低周波電流のアプリケーション)は全て試されてきました。

リンパドレナージュを施術するために、人が置かれるので、最大効果がターゲットの部分に与えられます。およそ2分間、その領域を開いている掌で何度か叩き、時々 円運動で領域をこするのを休止して下さい。

その結果として生じる熱は、皮膚の振動と大臀筋の筋肉のリズミカルな収縮とともに
毛細管の中の体液の排出を促進します。

脂肪酸の吸収と脂肪のその後の輸送で、皮膚への「オレンジの皮」の荒さは見えなくなります。
やりとげるためには、これはいくつかのセッションを講じるかもしれません。
そのマッサージは単にグレード3のセルライトに有効である場合があるだけではなく、
グレード1と2に率先して使用できます。


Pharmacological agents

Any number of drugs that act on fatty tissue have been tried as therapeutic agents.
Certain drugs act on the fatty tissue and connective tissue and on the microcirculation.
They can be used topically, systemically, or transdermally.

These include the methyxanthines (theobromine, theophylline, aminophylline, caffeine), which act through phosphodiesterase inhibition, and pentoxifylline which improves micro-circulation;the adrenergic beta-agonists isoproterenol and adrenaline; the adrenergic alpha-antagonists yohimbine, piperoxan, phentolamine and dihydroergotamine;

the methyIxanthine enhancers Coenzyme A and the amino acid l-carnitine; the drugs with connective tissue activity sillicium and Asiatic centella; and the microcirculation active drugs Indian chestnut, ginkgo biloba, and rutin.

These drugs are administered orally, as topically applied ointments, and by trans-dermal injection.
None of them has been reported in the scientific literature as having a significant effect on cellulite.


脂肪組織に影響するいろいろなドラッグが治療薬として試されました。
あるドラッグは脂肪組織と結合組織と、そして、微小循環系に作用します。
彼らは、組織的にまたは経皮的に局部に使用することができます。

これらはホスホジエステラーゼ阻害によって作用する methyxanthines(テオブロミン、テオフィリン、アミノフィリン、カフェイン)と、ミクロの循環を改善するpentoxifyllineを含んでいる ; アドレナリン作用のベータ作動筋イソプロテレノールおよびアドレナリン;アドレナリン作用 抗アルファヨヒンビン、ピペロキサン、フェントラミン、およびジヒドロエルゴタミン;

methyIxanthineエンハンサー補酵素A およびL-カルニチンアミノ酸;結合組織活動silliciumとアジア人centellaがあるドラッグ; そして、微小循環系薬インディアン栗、イチョウbiloba、およびルチン。
これらのドラッグは経口で、局部に塗る軟膏として、そしてトランス真皮注射によって与えられます。それらのいずれも、セルライトに重要な影響を及ぼすと、科学文献で報告されませんでした。


Cosmetic concern
美容の悩み

While harmless, the dimpled appearance is a cause of concern for some people.
The cosmetics industry claims to offer many of what it calls remedies.
There are no supplements that have been approved as effective for reducing cellulite.

Syneron, the first cosmetic laser manufacturer to receive FDA clearance for treating cellulite, combine mechanical, light, heat, and radio frequency energy, also known as ELOS, to the skin and claim success after a few applications of their product.[citation needed]

Radio frequency in the cosmetic industry is used to heat the skin
in a non-invasive cosmetic procedure to heat the fat tissue underneath the skin.
That procedure regenerates the collagen in the area and makes the skin look younger and more vital.[citation needed]

Other cosmetic procedures such as Mesotherapy have produced inconclusive results.
While each has been FDA approved to temporarily reduce the appearance of cellulite,
effectiveness varies by procedure.
All methods require continual follow-up to maintain reduced levels of cellulite.

Liposuction, which extracts fat from under the skin,
is not effective for cellulite reduction and may exacerbate the cosmetic problem.
Dieting does not get rid of the dimpled appearance,
but a balanced diet and exercise may help to reduce the fat content within the distorted cells,
reducing their contribution to the dimpling.


無害ですが、くぼんだ外観は何人かの人々に対する懸念の原因です。
化粧品工業、いわゆる治療の多くを提示することを主張します。
セルライトの縮小に有効なものとして承認されたサプリメントはありません。

Syneron(セルライトケアためにFDAのクリアランスを受ける初の美容用のレーザーメーカー)、皮膚への物理的なコンバイン、ライト、熱、そしてラジオ波エネルギー、 ELOSとしても知られており、そして、彼らの製品のいくつかの使用の後、成功を主張しています。(引用が必要)

美容産業におけるラジオ波は、非侵襲性の表面的な処置で皮下の脂肪組織を加熱で皮膚を温めるのに使われます。その処置は部分的にコラーゲンを再生させて、皮膚をより若くてより元気よく見せます。(引用が必要)

メソテラピーのような他の表面的な処置は、確定的でない結果をもたらしました。
それぞれセルライトの外観を一時的に減らすとFDAの承認を受けますが、効果は手順によって異なります。全ての方法は、セルライトのレベル低下を維持し続ける継続的なフォローアップを要求させられます。   

脂肪吸引(脂肪を皮膚から抜き取る)は、セルライトの減少には効果的ではなく、
美容的な問題を悪化させるかもしれません。
食事制限は凸凹の外見をなくすことはできません。
しかし、バランスのとれた食事制限エクササイズ は、歪んだの細胞の中の脂肪の大きさを減少させるのを助けるかもしれません。


References
引用

[1] Ana Beatris R Rossi, Andre' Luiz Vergnanini; Cellulite:a review, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology; 14 (4) , 251--262,(2000).
[2] Vogue 15 Apr 1968 110/1
[3] A population within a species that has distinct genetic variation.
[4] Preventing Cellulite: Cellulite.md/prevention by Dr. Lionel Bissoon

[1] アナ・ベアトリス、R・ロッシ、アンドレ・ルイス・ベルニャニニ;セルライト:レビュー、ヨーロッパの皮膚科学と性病学の学会ジャーナル ; 14 (4)251--262,(2000)
[2] ヴォーグ 1968年4月15日110 / 1
[3] 異なった遺伝的変異を持つ人種の範囲内の人口
[4] セルライト予防:セルライト.md/ライオネル・ビスーン博士による予防

External links
外部リンク

Medline:National Library of Medicine MedLine Plus definition of cellulite, October 2006.
国立図書館の医療 MedLineプラス セルライトの定義。(2006年10月)


スポンサーリンク