当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

セルライトの歴史

現在、「セルライト」は世間に広く知れ渡っている単語です。
でも、セルライトの単語が出来たのは、ごく最近です。

1970年頃までは、セルライトの凸凹は認知されていました。
ですので、昔の絵画を見ると、ふくよかな女性のお尻や太ももに凸凹が書かれている場合があります。

スポンサーリンク

これを世界に広く知らしめたのが、エステサロンの経営者「ニコール・ロンサード」です。
この人がセルライトについてのを書き、それがベストセラーになったことで、「セルライト」と言う言葉やその状態が広く世界に知れ渡ったのでした。

それまでは、つるりとしたきれいな太ももやお尻と、そうでない凸凹の太ももやお尻があったことは知られていたのですが、それは「セルライト」と言うものだと広く世界に認知させたと言う点では、彼の書いた本の影響はとても大きいものでした。

でも、その当時、日本ではセルライトについては広まりませんでした。
昔の映画やドラマなどを見ると分かるのですが、その当時の女性たちのお尻や太ももに凸凹がなかったわけではないのです。
ただ、情報が入ってこなかったのです。
(想像以上に、その当時の日本は、世界の情報が入りにくい国だったんですねえ・・・)

現在、確認されている中で、日本に最も早くセルライトを紹介したのは「日経産業新聞」だと言われています。この日経産業新聞が日本にセルライトを紹介したのが「1996年」ですから、欧米諸国に広く知られたセルライトの情報が日本に到達するまでに、ざっと20年ほどの歳月がかかった計算になります。

その当時、日本国内でセルライトについて知る人はほとんどいませんでした。
それは、TVなどのメジャーなマスメディアで取り上げられていなかったからです。
でも、ようやく2000年頃になって、セルライトが広く知れ渡る機会が出現しました。

「あるある大辞典」が、セルライトについて取り上げたのです。
その当時、「あるある大辞典」は多くの女性が見るヒット番組になっていました。
中でも、「あるある大辞典」のダイエットを取り上げた放送は、高視聴率をマークしていましたので、そこでセルライトが取り上げられた影響は、非常に大きなものがありました。

その後、「あるある大辞典」が捏造放送でドボンしてしまい、さらに、セルライトなどと言う脂肪細胞は存在しないと言う論が出てきました。
特に、wikipediaに書かれてあるセルライトのページは、多くの人に参照されています。

しかしながら、ダイエットでは肌の凸凹が落ちない人々や、肌の凸凹を除去したい人々の中には、今でもセルライトの存在を信じ(凸凹がなくならないので、信じざるを得ない)、セルライト除去をしようとしている人々がいます。

また、英語版の Wikipedia(和訳したページ)では、医学的に見てセルライトの状態は存在するし、女性ホルモンや男性ホルモンやむくみや姿勢の影響で起こると書かれてありますので、現在の日本では、「セルライト否定派」「セルライト肯定派」両方存在し、それぞれの自論を展開している状態にあります。


スポンサーリンク