当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

脂肪吸引によるセルライトの除去

セルライトは、むくみなどにより、細い繊維状のものに脂肪細胞がすっぽりと覆われた脂肪細胞同士が結合した脂肪です。
この状態になると、セルライト化した脂肪細胞が血管から乖離してしまい、ダイエットで落とすことが困難になります。

ところで、このセルライトを美容整形で除去してしまう方法があります。
それが脂肪吸引です。

スポンサーリンク

脂肪吸引を行うと、直にバキュームで脂肪を吸ってしまうわけですから、確実にセルライトをなくすことが可能です。(リポレーザの場合は、脂肪吸引とは違って脂肪をレーザーで溶かしてしまいます。レーザーで溶かされた脂肪はそのままでも対外に排出されますが、溶かした直後にバキュームするケースもあります)

ただ、脂肪吸引は通常のセルライト除去法とは違い、リスクが高いのが特徴です。
そこで、脂肪吸引によるセルライト除去の問題点を挙げてみました。


脂肪吸引の手術で起こる問題点

  • 傷口は目立たないが、少し傷跡が残る
  • 手術後にかなり激しい痛みがある
  • 回復までに時間がかかる
  • 手術後にマッサージが必要

脂肪吸引の依頼の仕方で起こる問題点

  • 皮膚がたるむ
    (あまりにも大量の脂肪を吸引してしまった場合)
  • しわが出来る
    (あまりにも大量の脂肪を吸引してしまった場合)
  • 望んだ部分の脂肪吸引が出来ていない
    (事前のカウンセリングが上手くいっていない)

個人差で起こる問題点

  • 手術後にリバウンドする

手術の失敗による問題点

  • 麻酔の失敗による後遺症が起こる
  • 麻酔の失敗による死亡事故が起こる
  • 脂肪を吸引した場所が凸凹になる
  • 左右・前後のバランスが崩れる
  • 脂肪を必要以上に取りすぎる

個人差か手術の失敗によるものか曖昧な問題点

  • 手術後数ヶ月経っても、大きく腫れたりむくんだりする
  • 手術後の傷跡がかなり目立つ
  • 手術後の内出血が酷い
  • 手術前・手術後のサイズがさほど変わらない
  • 色素沈着が起こったりアザになったりする

脂肪吸引はリスクの高い手術ですし、費用も高額になりがちですし、執刀する医師の技量にも大きく左右される手術です。
ですので、脂肪吸引をされる際はその点を充分に理解した上で、脂肪吸引の手術を受けられる方が無難かと思います。


スポンサーリンク