当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

フランス人とセルライト

セルライトと言う語源は、フランス語「cellule」からきています。
「cellule」「ite」「cellulite」(セルライト))

フランスの街角を歩いていると、セルライトがはっきりと分かる女性たちが多く見かけられるんだそうです。でも、セルライトがあるのはフランス人女性だけではありません。
イギリス人もオランダ人も多くの人がセルライトがあると言っています。

スポンサーリンク

ただ、フランスの製薬会社が世界各国の女性にアンケートをとった結果、フランス人女性はセルライトに対して強い警戒感を持っているようです。

このように、フランス人のセルライトに対する警戒感は他国のそれに比べて、多少高めの感じがします。

ところで、フランスと言えば、エンダーモロジーを開発した国でもあります。
セルライトを人一倍気にするお国柄ですので、エンダーモロジーをセルライト治療に使用するのも理解できるような気がします。

ちなみに、フランスでは スリミング剤(セルライト除去用のマッサージクリーム)が流行っていて、それらのスリミング剤を利用してセルライト対策を行っている女性が多いそうです。

また、マッサージオイルに添加するエッセンシャルオイルは、 グレープフルーツ などがよく使われるそうです。


スポンサーリンク