当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

セルライトが出来る場所

セルライトは体のいたるところに出来ます。
そこで、セルライトができる場所を書き出してみたいと思います。

セルライト対策マッサージなどに割ける時間に制限がある場合、セルライトのできやすい場所を重点的にケアしてあげることで、時間の節約ができるかと思います。

スポンサーリンク

セルライトの出来やすい場所

1、二の腕(特にうでの裏側)
2、腰(皮下脂肪がついている場合)
3、お腹周り(脇腹・下腹の皮下脂肪など)
4、お尻(下側の脚の付け根あたり)
5、太もも(脚の裏側)
6、ふくらはぎ(脚の裏側)


この中でも、特にセルライトが出来やすく酷くなりやすいのは、以下の4つです。
(できやすい順に掲載)


セルライトの酷くなりやすい場所

1、お尻 (下側の脚の付け根あたり)
2、太もも (脚の裏側)
3、太もも (脚の側面)
4、お腹周り (脇腹・下腹の皮下脂肪など)
5、二の腕 (特にうでの裏側)


この部分は脂肪が溜まりやすく、リンパ管が多く通っている箇所です。
また、皮下脂肪が厚く体積しやすい場所でもあります。

ちなみに、デスクワークをしておられる方は、長時間椅子に座って圧迫されるお尻から下の部分にセルライトが出来やすくなるかと思いますので、長時間デスクワークをされる際には、お気をつけ下さい。

この反面、セルライトが出来にくい箇所もあります。


セルライトの出来にくい場所

1、首・肩
2、背中
3、手のひら
4、足先
5、脚の表側
6、腕の表側


これらの場所は、皮下脂肪がつきにくくかったり、リンパ管が多く通ってなかったりするため、セルライトができにくい箇所です。

セルライトの出来やすい皮下脂肪やリンパ管の多い場所は、むくみには特にお気をつけください。また、むくみが慢性化してセルライトが悪化しないように、小まめにむくみ解消してあげた方が無難かと思います。


スポンサーリンク