当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

脚のむくみを見つける方法

急速に体(脚)がむくむと腫れたような感覚が生じますので、むくんでいるのが自覚しやすいのですが、これが慢性的なむくみだと、思った以上に自覚しにくいので厄介です。

スポンサーリンク

この時に、自分自身がむくんでいるのか知る良い方法があります。

一つ目は、脚を指で押したり薬のビンなどキャップを脚に押し当ててみて、凹んでしまったまま戻りにくい方は、脚がむくんでいる可能性があります。

二つ目は、舌を出してみて舌が歯の形に窪んでいたら、上半身や全身がむくんでいる可能性が高いです。

一つ目の「脚を指で押したり薬のビンなどキャップを脚に押し当ててみて、凹んでしまったまま戻りにくい」という症状だけの方は、下半身に水分が溜まったまま押し上げられていない方です。

二つ目の「舌を出してみて舌が歯の形に窪んでいる」という症状の方は、全身に水分が滞留している方です。

一つ目の症状が慢性的に続いている方は、下半身にセルライトを生じやすいですので、できるだけ早期に脚のむくみを解消してあげた方がよいと思います。

二つ目の症状が慢性的に続いている方は、塩分の摂取を控えたり生活習慣や食生活を改善したり、運動をしてみると良いと思います。
ちなみに、それでもなかなか体内の水分の排出ができない方は、一度、お医者さんに診てもらった方が無難かと思います。

慢性的にむくんでしまうとなかなかむくみに気がつきにくいものですが、セルライト予防のためには、できるだけ早期にむくみの解消をしてあげたいものです。


スポンサーリンク