セルライトケア&予防のための情報サイト。食事や運動でのダイエット情報や通販情報も掲載中
≪広告≫

肉割れとセルライトの違い

肉割れ(ストレッチマーク)セルライトは別の物(症状)です。
肉割れ(ストレッチマーク)とセルライトを混同されておられる方もおられるようですが、症状の違いによって対処の仕方も異なりますので、混同しないように気をつけましょう。
セルライトと肉割れ(ストレッチマーク)の違いは、太ももやお尻の状態です。
セルライト = 皮膚の表面が凸凹になる
肉割れ(ストレッチマーク) = 皮膚表面に縦の筋のようなものが出来る
《肉割れとは》
肉割れとは、皮膚に縦の筋のようなものが出来る症状です。
肉割れ(ストレッチマーク)は、急激に太ったり妊娠中に発生しやすいです。
(妊娠中にお腹にできた肉割れは「妊娠線(ストレッチマーク)」とも呼ばれています)
一度出来てしまった 肉割れ(ストレッチマーク)を治す事は困難です。
ですので、肉割れ(ストレッチマーク)が出来る前に、皮膚をやわらかくするためのケアをすることが大切です。(皮膚をやわらかくするためのクリームをつけてマッサージをしたりするなどして、妊娠線や肉割れが出来る前に皮膚の伸縮性を高めておきましょう)
《セルライトとは》
セルライト とは、足や太ももなどに出来る凸凹の脂肪細胞のことです。
通常の脂肪細胞も凸凹ではありますが、セルライトは繊維状のものに包まれてカプセル状になってしまった脂肪細胞が複数個くっついて巨大化したもののことです。
皮膚の表面から見ると、見た目がオレンジの皮のように見えることから、「オレンジピール」と呼ばれたりもします。女性ホルモンや男性ホルモンの量、それにむくみ冷え性などが、セルライトのできる主な原因です。
(体内の男性ホルモンの量が少なく、女性ホルモンの量が多いと、薄く柔らかい女性の皮膚や体に近い状態になってしまうため。参考ページ :  Wikipedia セルライトページを和訳してみた
≪セルライトのできやすさと性ホルモンの多さ≫
・  体内の女性ホルモンの量が多い = 皮膚が薄く柔らかくなるのでできやすい
・  体内の男性ホルモンの量が少ない = 皮膚が厚くなりにくいのでできやすい
・  体内の女性ホルモンの量が少ない = 皮膚が厚くなるのでできにくい
・  体内の男性ホルモンの量が多い = 皮膚が厚くなるのでできにくい
Update Informations
前へ  トップページへ戻る  次へ
QRコード  QRコード  QRコード